2015年03月03日

家づくりの豆知識

こんにちは!
スマイルホームの尾崎です。

だいぶん過ごしやすくなりましたと昨日日記に書きましたが・・・
雨になり寒さが戻りましたね。
季節の変わり目は風邪をひきやすいだけでなく、寒暖の差や気圧の変化で肩こりも起こりやすいようです。
皆様もお気を付けくださいね。


今日は家づくりの豆知識をご紹介します。
『家を建てた後に気付くこと』

家づくりは、多くの方にとって一生のうち一度あるかないかの経験です。
そのため、どれだけ時間をかけて打合せを重ねても、いざ生活を始めてみると「あれが欲しかったなぁ~」とか「ここにこれがあれば良かったのになぁ~」とか、後々になって気付くことも多々あります。

そこで、

「後から欲しくなった物 ベスト3」

と題して、実際に家を建てた方にアンケートを実施してみましたので、これから家を建てる際の参考にしてみてください。



1位『収納』
2位『電気・LANコンセント』
3位『雨の日の物干し場』
3位『照明・採光』
その他『ベランダの水栓』
その他『遮熱・通風できるもの』

せっかく建てた家なのに、前住んでたところより不便になってしまっては意味がありません。
初めて家を建てる方にとっては、実際に住んでみないと分からないことばかりなので、打合せの際にプロのアドバイスを参考にしながら、後悔しない家づくりをしなければいけませんね。

もし、ご心配の方がいればいつでもご相談くださいね(^^)/
  

Posted by スマイルホーム at 14:31家づくりの豆知識

2014年11月19日

家づくりの豆知識

こんにちは。
スマイルホームの尾崎です。

今日は、家づくりの豆知識のお話をします。

屋根裏・ロフトはつくるべきか?
狭小地や収納が多く欲しいと言われる方の住まいには、屋根裏やロフトを付けることありますが、住まう方がその空間をどのように活用していくか目的を明確に持っているかどうかで便利かどうかが決まります。
基本的に屋根裏やロフトは日々の生活空間から分離されている空間です。1年に1度使用する季節用品や、数年に1度使うお客様用の物、上の子供に使用した物を下の子供に使用するまでの数年間の保存品、どうしても取って置きたい思い出の品、それらの物を収納するところには良いのではないでしょうか。しかし、良くありがちなのは、

・何となくの思い出の品
・いつか使うかも…と思って取ってあるもの
・生活空間で邪魔になった物
・仮置きしている物

など、このような物が雑多に押し込められている空間になってしまうことです。一旦、物を屋根裏やロフトに上げてしまったら下ろすのが面倒になり、必要な物までどこにあるかが分からない状態になってしまいがちです。また、どんどん物が溜まっていっても、日々の生活には支障がないのであることすら忘れてしまうのです。 面倒くさがり屋の人の屋根裏やロフトはこのような結果になることが多いです(^_^;)
上手に活用出来れば便利な空間になるのは絶対です。心配なことがありましたらいつでもご相談くださいね(^o^)
  

Posted by スマイルホーム at 12:48家づくりの豆知識

2014年10月27日

家づくりの豆知識 ~間取り編~

今日も一日お疲れ様でした。
スマイルホームの尾崎です。


家を建てようと思った時、重要視するひとつに「間取り」があると思います。よく耳にしたり、目にする身近な言葉ですが、実は間取りだけではわからないことが意外と多いのです。そこで今回は間取りを考えるときのコツをご紹介します。



①動線を考える
動線とは家の中で人が動く軌跡のことを言います。一見広くて便利そうなキッチンも配列ひとつで動きがスムーズにいかないことも。逆に狭くても動線の考え抜かれたキッチンは、使いやすくてとても快適です。
②目に入るものを意識する
視界は面積(畳数)に惑わされないための大切なキーワードです。例えば10畳のリビングルーム。壁に囲まれた部屋なのか、ダイニングや対面キッチンを通して向こうまで見渡せるのか…。
同じ10畳のリビングでも感じる広さは全く違います。
③立体として考える
間取り図は平面です。間取りを見ながら部屋全体を空間としてイメージする努力をしてみましょう。例えば同じ幅の窓でも高さによって部屋のイメージは随分違ってきます。同じ間取りでも立体になったら全然違う空間…なんていうことも十分あり得るのです。

間取りを考えるときの基本は、その間取りの中での自分の生活・動きをイメージしてみることです。間取りに自分の生活を合わせるのではなく、自分の生活スタイルにあった間取りを手に入れた方がずっと快適に過ごせるはずです。あなたが住まいに望むことは何なのか。この家でどんな暮らしがしたいのか。そんな思いをもとに出来上がった間取りは「あなただけの大切な間取り」になっていくでしょう。
  

Posted by スマイルホーム at 17:46家づくりの豆知識

2014年10月24日

家づくりの豆知識 ~収納編~

今日は家づくりの豆知識をご紹介します。

2つの収納法

収納の仕方には大きく分けて2通りの方法があります。
それは、「隠す収納」と「見せる収納」です。壁一面などにオープンな棚などを用意して、自分のお気に入りをいつでも見られるようにする収納法におこがれをいだいている方も多いはず。ただ、ここで注意が必要なのは、見せる収納は誰にでも向いている収納方法ではないということです。オープンな棚などは、物も置きやすく、気軽にどんどんおいてしまうと統一感がなくなり、
結果大変なことになってしまいがちです。

たとえば、リビングの壁一面が見せる収納になっていた場合、
家族の趣味の品や本・雑誌、生活用品など、様々な色やテイストのものがバラバラに置かれることになり、収拾がつきません。
見せる収納の鉄則は、「飾れるもののテイストを揃える」ということですので、整理整頓が得意、または好きでこまめに棚を整頓できる人でないと、物が溢れかえって「見せられない収納」になってしまいます。
様々な色や形の物をうまく配置してすっきり見せるためには、ある程度のセンスと努力が必要ということなんですね。
特にお子さんが小さいうちは、カラフルなおもちゃや絵本など、
多くの色や形が家の中に溢れていますので、空間の中の物を抑え目にしないと、雑然として落ち着かない印象の部屋になってしまいがちです。
その点、扉がある収納スペースであれば、中がどうなっていようと扉を閉めてしまえばとりあえずスッキリとした空間が見えます。なので、これから家づくりを検討される方は、見た目のカッコよさばかりを気にするのではなく、実際に生活をしている時のことを考えて、どちらにするかを決めなければなりません。

明日(10月25日 土曜日)・明後日(10月26日 日曜日)は、枦宇土町と本渡町広瀬のモデルハウスで見学会を開催します。
ご来場の際は、収納スペース等ご参考にご覧ください!
お悩みやご相談等ございましたら、お気軽にお申し付けくださいませ。  

Posted by スマイルホーム at 09:53家づくりの豆知識

2014年10月18日

家づくりのための豆知識

こんにちは。
スマイルホームの尾崎です。
今日も快晴♪お出かけ日和ですね♪

今日は家づくりのための豆知識の話題です。

「明るい家」のイメージは人それぞれですが、多くは“陽射しが差し込んで明るい”というイメージを思い描いていらっしゃるようです。
陽射しが差し込む・・・光を室内に取り入れるということですが、普通に窓を付ければ解決しそうなこのご要望に、もう少し踏み込んでみると、どのようなことが見えてくるでしょう?色々な側面から考えてみました。


●好むと好まざるとにかかわらず、光は必要!
窓のない家はありません。それは、「建築基準法」で居室に必要な採光の面積が規定されているからです。「暗く落ち着いた部屋にしたい」と思っても規定の大きさの窓は必要になりますので、別の方法で暗い感じを演出しなくてはならない、ということになります。

●条件や暮らし方に合った光の量と取り入れ方
漠然と『明るい家』と言っても、どの場所をどの位、明るくしたいかによって窓の配置や種類、大きさも変わってきます。例えば、“朝日を浴びながら、すっきりと目覚めたい”という要望をお持ちの場合、まず間取りを考える時点で、寝室を東側に配置し、東面に窓を付けるということが考えられます。
また、“家の南側が交通量の多い道路になっていて大きな窓を付けにくい”とお悩みの場合、南面には明かり取り程度の小さい窓を配置し、思い切って北向きに大きな窓を付けるリビング計画するのも一考です。北向きの光は南向きの光と違って光が安定していますので、内装材を明るい色にする等の配慮で、充分に『明るい家』のご要望にお応えできると思います。


条件や暮らしに合わせたあなただけの『明るい家』があるのだと思います。
ご相談等ございましたら、お気軽にスマイルホームへどうぞ♪
  

Posted by スマイルホーム at 11:40家づくりの豆知識

2014年09月02日

家づくりの豆知識

皆さんこんにちは。
スマイルホームの尾崎です。

今日は家づくりの豆知識をご紹介します。

みなさんが住まいの不満を考えるとき、「狭い」というのは結構順位が高いのではないでしょうか。
しかし、ただ広いだけの家より、狭くてもいろいろな気配りや工夫のある家の方が「いい家」になる可能性は高いはずなのです。
今回は、そんな「狭くても快適に暮らす家づくり」のポイントをご紹介します。




①収納を考える
「家の中をすっきりさせたいので、収納スペースはたくさん欲しい」と言う方は多数派です。
その通り、収納スペースは大切です。でも何年も見たことのないもの、本当は必要ではないもののために、限られたスペースを費やすというのはどうでしょう?それは「物を大切にしている」というよりは、「スペースを無駄にしている」ということにはなりませんか?

②優先順位を考える
空間が限られていればいるほど、本当に必要なもの・一番大切にしたい部屋など優先順位を考える必要があります。
自分や家族のライフスタイルを振り返り、優先順位を決めていくことで無駄な空間を削ぎ落とし、自分の欲しい空間に割り当てるということができます。

③楽しく住む
住まいづくりのなかで「回遊性」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
家のなかをぐるぐる回れる動線、間取りになっているものに使います。
行き止まりのない動線、いくつかの道順の選択肢がある楽しさ、自由に動き回れるということは
「狭い」という感覚の解消につながっていきますし、各部屋を移動スペースとして使うことができれば廊下のスペースを省くこともできるかもしれません。

空間に余裕がないからこその「考え抜かれ洗練された家」「余分なもののない潔い家」。
狭さに負けず、個性溢れる自分たちだけの住まいを手に入れましょう(^^♪


ご相談等ございましたら、お気軽にスマイルホームへお問合せください。
0120-69-1185

お問合せフォームもあります!


  

Posted by スマイルホーム at 10:43家づくりの豆知識

2014年08月28日

家づくりの豆知識

おはようございます。
スマイルホームの尾崎です。
朝晩だいぶん涼しくなりましたね。
今日は日中も気温が上がらないようで、過ごしやすそうですよ。


さて、今日は新築の話題だけでなくリフォームの話題も、ということでリフォームに関する豆知識をご紹介します。


リフォームの考え方
我が家をリフォームしようかな・・・?
そんな時は現在の住まいの状・生活スタイル・予算などを考え合わせ、相談しながら計画を立てましょう。
住まいをリフォームする際には以下の3つのポイントに気を付けて計画をたてましょう。

◇目的をはっきりさせ、必要な工事を判断する
・新築の状態に近づけたい!
⇒改修工事:機器の取り替えやクロスの張り替え、外壁の美装などを行います。

・快適性安全性をもっとよくしたい!
⇒改装工事:間取りの変更や、性能・機能・デザイン性を高める工事です。住まいの快適性や安全性をグレードアップします。

・部屋数を変更したい!
⇒増改築工事:家族構成の変化などで増築や間取りを変更する工事です。小規模な工事から、全体にわたる大規模工事まで、幅広くあります。使いやすさや性能のグレードアップを図り、設備機器や建材の取り換えをする場合は、新築に近い姿によみがえります。


リフォーム以外にも今の住まいの不満・疑問・ご希望がありましたらぜひスマイルホームにご相談くださいね(^_-)

  

Posted by スマイルホーム at 09:43家づくりの豆知識

2014年05月22日

家づくりの豆知識

新築のようなキレイな状態をいつまでも





新築を建てるまでは、生活する上で物の管理をしながら暮らしてきたという方は多いでしょう。特に転勤をされる方は、引越するたびに家中の物に目を通し梱包作業をするので、ある程度「物のダイエット」をするでしょう。 しかし、家を建ててしまうと、それまで気を付けながら生活をしていたはずなのに、何年、何十年も暮らしていくうちに物が溢れかえってきます。理想は、何年経ってもスッキリとした空間で生活できることではないでしょうか。
普段の生活の中で頭に入れて生活していきたいのが、いらない物を家の中に持ち込まないことです。例えば…

・街頭で配っている物
・何かの商品を買うとおまけで付いてくる物
・先着○名様へプレゼント などなど…

本当に欲しい物であれば使うのですが、ほとんどの物は必要なく、そうかと言って捨てるのはもったいないと数年取っている人が多いのです。
このように本当に要る物ではなく、「なんとなく・・・」で家の中に持ち込んでいると、本来必要な物を探すのが見つけにくくなってしまいます。いらない物を家の中に持ち込まない努力をすれば、物が増えていく速度が遅くなります。
常に「いらない物は家の中に持ち込まない!」と思いながら生活を送る事を心がけましょう。
  

Posted by スマイルホーム at 09:18家づくりの豆知識

2014年01月13日

家づくりの豆知識♪

おはようございます!Smileホームの宮地です。

今回は家づくりの豆知識をご紹介します。

『家づくりの豆知識~地鎮祭~』

土地の神様へのご挨拶をし、工事の安全や家の繁栄を願って執り行う儀式が地鎮祭です。
地鎮祭は「じちんさい」とも言われますが、正しくは「とこ しずめ の まつり」と読みます。
地鎮祭は起工式の前に行う儀式で、大安・先勝・友引などの日に行うのが一般的です。


一般的な地鎮祭の流れは、

修祓(しゅばつ)・・・祭に先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式。

降神(こうしん)・・・祭壇に立てた神籬(ひもろぎ)に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式。神職が「オオ~」と声を発して降臨を告げる。

献饌(けんせん)・・・神に祭壇のお供え物を食べていただく儀式。酒と水の蓋を取る。

祝詞奏上(のりとそうじょう)・・・その土地に建物を建てることを神に告げ、以後の工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上する。

四方祓(しほうはらい)・・・土地の四隅をお払いし、清める。

地鎮(じちん)・・・刈初(かりそめ)、穿初(うがちぞめ)、鍬入(くわいれ)当が行われる。設計・施工・建主に振り分けることが多い。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)・・・神前に玉串を奉り拝礼する。玉串とは、榊に紙垂(しで)を付けたもの。

撤饌(てっせん)・・・酒と水の蓋を閉じお供え物を下げる。

昇神(しょうしん)・・・神籬に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。

馴染みのない言葉ばかりですね・・・。
人の生活の基盤にあるのは家だと感じます。そして、大事な家族を守る家を支えてくれるのは土地です。そう考えると家づくりにおいて地鎮祭というのは、大切な儀式ではないかな?とおもいます(^^)

  

Posted by スマイルホーム at 10:56家づくりの豆知識

2013年12月27日

家づくりのための豆知識

空き巣に狙われない家づくり




警視庁の統計データによると、侵入窃盗の被害の手口で最も多いのは「空き巣」なんだそうです。
(平成22年度データ)そして、その侵入窃盗の場所別発生状況を見ると、なんと約62%を一戸建て住宅が占めています。
住宅はとても狙われやすい建物なので、空き巣に狙われない家づくりをすることがとても重要になってくるのです。
ただ、それ以前に空き巣に対する知識と危機意識をしっかり持つことが何より大切です。

空き巣の侵入口はどこから!?

窓(縁側・ベランダ)→34% 
窓(居室)→25% 
窓(その他)→11% 
表出入り口→27%
その他の出入口→3%
空き巣の侵入手口は何!?
ガラス破り→67% 
無締り(鍵をかけていないこと)→25% 
施錠開け→4% 
ドア破り→3%

以上のことから、大きく空き巣が侵入してくる場所としては、「ドアか窓しかない」ということになります。
当然鍵の閉め忘れに注意しなければならないということは言うまでもありませんが、ガラスを割って侵入してくる以上はそれだけでは十分とは言えません。入られるかどうか分からない防犯グッズに費用をかけたくないという方も、少なくともドアと窓に多少費用をかけるだけで大きく安心感は変わってきますので、一度防犯グッズを調べてみるのもいいかもしれません。
また、防犯グッズ以外にも、土地選びやプランで空き巣に狙われにくい家づくりをすることも可能ですので、不安な方はご相談ください。


  

Posted by スマイルホーム at 12:30家づくりの豆知識