2018年12月12日

ミートローフとハンバーグ

こんにちは!

スマイルホームの髙田晴菜です(^^)



先日持て余したひき肉で、ミートローフを作ってみました。

レシピを見ながら・・

「これ、ほぼハンバーグじゃん(゜-゜)」

と思いながら調理。





今回は卵入り。

容器の半分まで肉敷き詰め、たまごを入れ、また肉を入れ埋めました。






食べた感想は・・

味も香りもほぼハンバーグでした(笑)

なんかもうちょっと硬い?と言いますか、肉がギュっと詰まっているイメージ。

今回は野菜を入れ過ぎたのか?焼きたてだったからなのか?

すごくふんわり肉汁ジュワ~でした。

いや、美味しかったです(笑)



ミートローフとハンバーグの材料や作り方ってほぼ同じらしく、大きな違いと言えば見た目。

ローフ「loaf」は古英語で「パン」という意味で、

パンのように大きな長方形に焼き(オーブンで)、パンのように好きな分だけ切り分けて食べます。




ハンバーグとの違いを出したいならば、、

ミートローフの素材として玉ねぎとニンニクと共に他の野菜を入れてみる。

定番はセロリ・ニンジン・フェンネル・マッシュルーム・西洋ネギ・パプリカの5種類となっており、

選んだ野菜はみじん切りにして、玉ねぎとニンニクと共にオリーブオイルで炒めます。

シャレオツな野菜が出てきましたね。

フェンネルってなんだ?笑

そして、ワイン(赤・白どちらでもOK)・ビール・ドライシェリーなどのアルコールで煮詰めます。

味付けも、ハーブなどの香辛料を効かせるといいらしいです。




肉選びとしましては、色々な種類のひき肉を使用するといいらしいです。

海外では、お肉屋さんで様々な挽肉(ラムなど)が販売されているため、各ご家庭でオリジナルのブレンド挽肉を使ってミートローフを作っています。

しかし日本はお肉の種類が少ないので、合挽きミンチで十分なのだそう。





ミートローフって見た目が華やかなので、パーティーの一品としても人気ですよね。

ぜひマスターしたい!近いうち、再チャレンジしようと思います!(`・ω・´)






同じカテゴリー(スマイル日記)の記事画像
卒園おめでとう
お大師さま
進化系筆記用具が欲しい
地鎮祭おめでとうございます!
10倍返し
同じカテゴリー(スマイル日記)の記事
 卒園おめでとう (2019-03-25 13:26)
 お大師さま (2019-03-22 12:10)
 進化系筆記用具が欲しい (2019-03-20 11:51)
 地鎮祭おめでとうございます! (2019-03-17 16:21)
 10倍返し (2019-03-15 13:33)

Posted by スマイルホーム at 14:34 │スマイル日記