2018年12月14日

日本食で認知症予防

こんにちは!

スマイルホームの髙田晴菜です♪




最近、晩御飯(バリバリの日本食)を食べながら、

「いや~やっぱり日本食って美味しいなぁ~」

と思いました。

日本食で認知症予防



現在、我が家の食卓は、日本食⑤・欧米食④・中華①ぐらいですかね。

もしかしたら日本食⑤もないかも・・(;´・ω・)


昔から「日本食は体に良い」と言いますよね。

日本が世界随一の長寿国だ、と言うのも日本食が関係しているそうです。



日本食のいい所は、何と言っても薄味。

日本食は出汁による“旨味”で調味料の量を減らすことができます。


また、生の食材を食べる。

これは日本食独特の文化であって、海外では魚や肉はもちろん、生卵などもほとんど食べることはないようです。

生でしか取れない栄養素もあるので、生食文化はぜひ続けたいですね。


そもそも、日本食で主になっている食材【穀物・魚・大豆・海藻】や、発酵食品【味噌・醤油・納豆】などが、

生活習慣病になりにくかったり免疫力を高めたり・・と良いことづくめなのだそう。



ココからは余談になりますが、

日本人は日本食を長く食べてきたことで、インスリン(※)の量が少ない体質になっています。

※インスリンとは血糖値を減少させるホルモン。
  インスリンが分泌できる量は人によってあらかじめ決まっており、インスリンが不足すると糖尿病になったりします。


欧米人は日本人に比べインスリンの量が2倍近く多く、脂質や糖質の多い欧米食にも対応できる体質なのだそう。

近年、日本の食文化も欧米化してきているので、インスリンが不足し糖尿病が増加しているそうです。



そして糖尿病、高血圧、肥満などは認知症のリスクを高めるため・・

現在、先進国における認知症の割合は日本が1位らしいです(>_<)

しかし、欧米では認知症予防に日本食を勧めているらしく・・

脂質の多い食事を主にした場合と日本食を主にした場合では、日本食の認知症発症が20%減少しているそうです。



食文化が欧米化している皆さま!(私含め。笑)

ぜひ今一度!日本食を見直すべきです!!!(`・ω・´)!!!

せっかく日本に生まれたのですから、世界に誇る日本食を主にしないなんてもったいないですね。

しかもせっかく海辺に居るんだから(笑)

魚・・できれば毎日食卓に並ばせたいものですね!

将来の為にも頑張ります!







同じカテゴリー(スマイル日記)の記事画像
デトックススープで体質改善
スイッチオン
頂き物✨の日本酒♪
ウルトラアスレチック
お中元のコンセプト
同じカテゴリー(スマイル日記)の記事
 デトックススープで体質改善 (2019-07-19 14:37)
 スイッチオン (2019-07-18 14:39)
 頂き物✨の日本酒♪ (2019-07-17 15:25)
 ウルトラアスレチック (2019-07-16 14:57)
 お中元のコンセプト (2019-07-12 14:28)

Posted by スマイルホーム at 14:20 │スマイル日記